Powered By 画RSS
    スポンサードリンク

    スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサードリンク

    黒田博樹
    記事に出来ていなかった、黒田選手のMLB時代の話題を紹介します。
    2012年シーズン後の記事に対する話題です。



    entry_img_442.jpg
    http://nesn.com/2012/10/hiroki-kuroda-really-doesnt-enjoy-playing-baseball-but-hes-ready-for-the-playoffs-anyway/

    水曜夜の勝利で、ニューヨーク・ヤンキースはア・リーグ優勝を掴んだ。
    そして彼らは、それほど野球を楽しめない投手にボールを託すことになる。

    結果がどうなるかは時間が教えてくれるだろう。
    ともあれ先日ヤンキースの先発投手、黒田博樹は野球の試合について興味深く語った。

    「正直に言うと、野球を楽しめたことがないんだ。」
    彼は通訳を介して語った。
    「ピッチングも楽しめたことがない、正直に言うと。
     春季トレーニングの試合であろうと、シーズンの試合であろうとね。
     自分にプレッシャーが掛かるのは好きじゃない。
     平常心でいることが好きなんだ。」

    ニューヨークの雰囲気が黒田をそうさせているわけではない。
    単純にマウンドの上に登ることが彼をそうさせている。


    「ヤンキースだからではない。」
    タイムズ紙に彼はこう語った。
    「私のプロ人生を通してみると、
     先発投手には大きな責任が存在する。
     自分が楽しむことよりも、自分の責任を果たさねばならない。
     私はそれが最優先事項だと思っているんだ。」

    もちろん、ヤンキースで地区優勝に貢献することなど
    彼が日本での野球人生で耐えてきたことに比べれば大した事はない。

    「プレーするためには、生き延びなければならなかった。」
    7月、黒田はニューヨーク・タイムズに語っている。
    「生き残り、プレーするために、我々は耐性をトレーニングしてきた。」

    そう、プレーするために生き延びることに比べれば、今度の試合は重要な事ではないかもしれない。
    どうあれ、黒田にはその挑戦を受け入れるための準備ができている。




    以下、この記事の反応


    -- 続きを読む --

    スポンサーサイト
    スポンサードリンク

    黒田博樹
    entry_img_441.jpg

    プロ野球広島は27日、米大リーグのヤンキースからフリーエージェント(FA)となっていた黒田博樹投手(39)の獲得を発表した。資金力が豊富なメジャー球団との争奪戦をくぐり抜け、元エースを復帰に導いた。
     「8年ぶりに背番号15が復活いたします」。報道陣への球団発表に、この一文が付け加えられていた。広島は2007年オフに海を渡る決断をした黒田の背番号を、この日が来るのを信じ、ずっと空き番にしたまま待っていたのだ。
     交渉役の鈴木清明球団本部長の思いは執念に近かった。メジャーの巨額の条件提示の報道に心が折れそうになりながら、「1%でも望みがあれば諦めない」と、必ず毎年オフになるとオファーを出した。そして、ついに前日の26日、電話で黒田から「帰ります」との連絡を受けた。「うれしいを通り越して怖い」と感激した。
     黒田は最高で年俸20億円前後とも言われるメジャーの球団でなく、その5分の1の金額で広島を選んだ。松田元オーナーは「チームの雰囲気、地域とのつながり。懐かしいチームというのかな。そういうのがあるのでは」と推察する。
     黒田はメジャー挑戦の際に「カープのおかげ」と語り、ファンも気持ち良く後押しした。鈴木本部長は「広島から送り出した時の熱意が、彼に届いたと思う」とファンにも感謝した。金額は推定。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141227-00000053-jij-spo

    スポンサードリンク

    黒田博樹
    entry_img_376.jpg

    ニューヨーク・ヤンキースの黒田博樹投手が18日、地元で行われたピッツバーグ・パイレーツとのダブルヘッダー第1戦に先発登板。6回5安打、2四球、7三振、3失点で、今季3勝目(3敗)を挙げた。ヤンキースは4対3で勝利。

     黒田は、この試合の前までパイレーツ相手に7度先発し、5勝1敗、防御率1.84の好成績をマークしており、この日もその相性の良さが崩れることはなかった。初回にソロ本塁打を浴びて先制点を許すも、直後に味方が3点を奪って逆転に成功。その後もマウンドを降りるまでリードを守り、「立ち上がりは悪くても、勝つことができれば自信になる」と通訳を介して述べた。

     一方、パイレーツのクリント・ハードル監督は、「チャンスは何度かあった。黒田を攻めて、投球制限に達するまで追い込んだ」とコメント。しかし、「それでも彼は要所でアウトを奪って試合にとどまり、それぞれのイニングをきちんと終えていた」と、右腕の粘り強さに脱帽していた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140519-00000212-ism-base
    スポンサードリンク

    黒田博樹
    entry_img_356.jpg

    ニューヨーク・ヤンキースの黒田博樹投手が現地6日、敵地でのロサンゼルス・エンゼルス戦に先発登板。7回2/3を5安打、1死球、8三振、3失点(自責点は1)の内容で勝敗はつかなかった。ヤンキースは4対3で勝利。

     黒田は3回、ヒットと味方のエラーで無死二、三塁のピンチを迎えると、エリク・アイバー遊撃手、マイク・トラウト外野手の犠牲フライで2点を献上。その後は得点を許さなかったが、1点リードの8回2死三塁の場面で降板すると、救援投手が同点とされて今季3勝目(2勝3敗)を逃した。

     ヤンキースは0対2の5回にブライアン・ロバーツ二塁手のタイムリーなどで同点に。そして3対3で迎えた9回2死走者なしからロバーツが決勝の1号ソロを放った。なお、イチロー外野手は9回からライトの守備につき、打席には立っていない。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140507-00000214-mlbjp-base
    スポンサードリンク

    黒田博樹
    entry_img_351.jpg
    「ヤンキース2‐4マリナーズ」

    ヤンキース黒田博樹投手(39)が、6回7安打4失点(自責3)7奪三振で今季3敗目(2勝)を喫した。

    初回に先制点を許した黒田は、3回に味方失策から1失点。さらに、4回には2死から連続適時打を浴びて2点を追加された。

    球数は94球。防御率は5・14。

    試合後は「ちょっと考えすぎて、コースを狙い過ぎた部分もあった。次に切り替えて準備したいです」と淡々と話した。

    試合は、ヤ軍打線がつながらず、連敗を喫した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140502-00000014-nksports-base
    スポンサードリンク

    黒田博樹
    entry_img_340.jpg

    ヤンキース黒田博樹投手(39)が、エ軍戦に先発し、メジャー7年目で自己ワーストの8失点と打ち込まれ、2敗目(2勝)を喫した。

     2回に3点を先行されると、3回には2失点、5回には主砲プホルスにソロ本塁打を浴びるなど、今季最短となる4回2/3を投げて10安打8失点(自責6)。91球で降板した。

     試合後は、「あまりいい状態ではなかった。何も言い訳できないですし、次の登板に向けて修正したいです」と、反省の言葉を並べた。

     試合は、その後も失点を重ねたヤ軍が大敗した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140426-00000019-nksports-base
    スポンサードリンク

    黒田博樹
    entry_img_321.jpg

    ヤンキースの黒田博樹が7日(日本時間8日)のオリオールズ戦で今季2度目の先発登板し、6回1/3を92球、8安打4奪三振、四死球0で2失点。本拠地開幕戦でチームに白星をもたらし今季初白星を飾った。イチローは9回に守備固めで出場、打席には立たなかった。

     盛大な本拠地開幕セレモニー後、マウンドに上がった黒田が粘りの投球を披露した。初回、先頭のロウを空振り三振に仕留めて1死後、マーカーキスに右翼線二塁打を許したものの、3番・ジョーンズ、4番・デービスをしっかり打ち取った。

     3点のリードをもらった直後の6回、黒田はきっちりと3人で打ち取り、相手に流れを渡さない。7回、3連打で2点目を失い、なおも無死一、二塁のピンチからロンバージーを左飛に打ち取ったところで降板となったが、リリーフ陣がしのいだ。
    http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=baton
     日米通算プロ18年目の今季、初登板となった2日のアストロズ戦では6回を3安打2失点と好投したものの、チームは1―3で敗れ黒星スタートとなった黒田。メジャー初登板で初勝利を飾った同僚・田中に負けてはいられない。地元ファンの声援を背に、39歳のベテラン右腕はしっかりと今季1勝目を手に入れた。
    スポンサードリンク

    黒田博樹
    faregawe.jpg

    ヤンキースがフリーエージェント(FA)となった黒田博樹投手(38)に1年契約、年俸は1500万~1600万ドル(約15億5000万~16億5000万円)を提示した。米スポーツ専門局ESPN(電子版)が2日伝えた。

    報道では、黒田がヤンキースの先発陣投手陣をそろえる上で必要不可欠な投手で、契約を結ぶのが最良の選択としている。また、メジャー挑戦が注目される楽天の田中将大投手(25)にも触れ「ヤンキースが思い描いている先発投手の一人」という位置づけをした。。

    黒田は今季ヤンキースで201回1/3を投げ、11勝13敗、防御率3・31をマーク。「クオリファイング・オファー」制度の規定額1410万ドルの1年契約を提示されたが、拒否した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131203-00000077-spnannex-base
    スポンサードリンク

    黒田博樹
    beahtehahteh.jpg

    ヤンキースの黒田博樹投手(38)がレイズ戦に先発し、5回2/3を5安打、5失点で13敗目(11勝)を喫した。ワイルドカードでのポストシーズン進出にわずかな望みをかけるチームには致命的な0-7の敗戦だった。

    1回に先頭打者本塁打を浴びると、長短2安打と犠飛で計3点を献上。6回1死満塁からも右中間へ2点適時二塁打を浴び、0-5とリードを許したまま降板した。これが黒田にとって、今季の本拠地最終マウンドになる可能性が高い。

    ワイルドカード(各リーグ2位まで)争いで5位のヤンキースは残り5試合。同2位のインディアンスに5・0ゲーム差と引き離されて打つ手がない。黒田は今季32試合で防御率3・31、投球回数201回1/3で3年連続200回登板を達成。しかし、8月12日に11勝目を挙げて以降、8試合も白星から見放されている。

    「流れが悪いのでいろいろ考えてしまう。気持ちと体を一致させるのはなかなか難しい」と鋼鉄の精神力を持つ黒田にも迷いが生じている。

    終盤の失速の理由についてスタンドで見守るメジャーのスカウトは「明らかにガス欠だ」と指摘する。「疲れから制球が甘くなっている。仮にプレーオフに進出できても本来のピッチングは期待できないだろう」と厳しい評価を受けている。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130925-00000015-ykf-spo
    スポンサードリンク

    黒田博樹
    hteejytjyr.jpg

    ヤンキース2-1エンゼルス(12日、ニューヨーク)ヤンキースは黒田博樹投手(38)が先発。

    切れのあるツーシームと速球を低めに集め、三塁を踏ませぬ好投で8回3安打無失点、7奪三振1四球で11勝目を挙げた。日米通算4000安打まで、あと7本のイチロー外野手(39)は2番DHで先発出場、六回に二塁内野安打を放ち、4打数1安打。偉業達成まで、あと6本に迫った。

    試合は三回にガードナーの中前適時打で先制、七回にはグランダーソンが3号ソロを放ち、エ軍に2-1で勝利した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130813-00000502-sanspo-base


    黒田投球ハイライト

    http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2013_08_12_anamlb_nyamlb_1&mode=video&content_id=29654007&tcid=vpp_copy_29654007
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。