Powered By 画RSS
    スポンサードリンク

    スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサードリンク

    助っ人選手
    rakuAJ.jpg

    今年はNPBに沢山の大物助っ人が訪れました。
    ロペス、パディーヤ、マギー、モーガンなどメジャーで実績を残した選手が例年にないほど多く来日しました。
    そんな中でも桁外れの実績を誇るアンドリュー・ジョーンズの来日は向こうでもニュースになっていました。
    http://bleacherreport.com/articles/1437437-andruw-jones-reportedly-signs-with-japanese-leagues-rakuten-golden-eagles


    そんなAJのMLBでの実績はこちら
    本塁打王 1回:2005年
    打点王 1回:2005年
    シルバースラッガー賞 1回:2005年
    ハンク・アーロン賞 1回:2005年
    ゴールドグラブ賞 10回:1998年 - 2007年
    MLBオールスターゲーム選出 5回:2000年、2002年、2003年、2005年、2006年
    2006 ワールド・ベースボール・クラシック・オランダ代表、2013 ワールド・ベースボール・クラシック・オランダ代表、
    日米野球MLB選抜 1998年、2006年

    MLBで稼いだ総年俸は約100億円
    HR数、GG数など数々の面でNPB史上最高実績の助っ人となりました。


    また成績もさることながら、ブレーブスを10年連続地区優勝させた主力選手としてアトランタでは大変人気がありました。
    5657bd051ea41a787423759633b9ca7e.jpg

    その一方で近年は特に身体面での不摂政による衰えも目立って来ていました。


    そんなAJが今年は楽天の助っ人として来日したのですが、それに対するメジャーファンの反応です。


    -- 続きを読む --

    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。