Powered By 画RSS
    スポンサードリンク

    スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサードリンク

    ダルビッシュ有


    米大リーグ、レンジャーズのダルビッシュ有投手(26)は27日(日本時間28日)、敵地で行われたダイヤモンドバックスとのダブルヘッダー第2戦に先発登板したが、2点リードの八回に同点2ランを浴びるなど7回2/3を7安打4失点。今季3度目で自己最多タイの14三振を奪う力投をみせたが8勝目はならなかった。チームは4-5でサヨナラ負けを喫して3連敗となった。

    ダルビッシュは初回、先頭打者に中前打を許すと次打者に右翼線適時三塁打を浴びていきなり失点。3番・チャベスにも左犠飛を許し、わずか4球で2失点する不安な立ち上がりとなった。だがその後は緩急を巧みに使った投球で奪三振ショーを披露。五回には両リーグ最速の今季100奪三振に到達した。

    六回に4-2と逆転に成功すると、七回には圧巻の三者連続三振。八回には一死一塁の場面で空振り三振を奪い、自己最多に並ぶ14個目の三振を奪った。

    だがその直後に落とし穴が待っていた。2番・グリゴリアスに甘いカットボールを右翼席へ運ばれ、痛恨の同点2ランを被弾。次打者を右飛に打ち取ったところで降板した。この日の投球内容は7回2/3を7安打4失点、無四球14奪三振116球で防御率は3.03。最近6試合で9本目の被弾となった。

    この日がメジャー40試合目の先発登板だったダルビッシュはデビュー戦からの合計奪三振数が326に到達。同じく先発40試合で319三振を奪った野茂英雄氏(ドジャース)を抜いて歴代2位となった。1位は「ドクターK」の異名を取ったドワイト・グッデン氏(メッツ)で342個。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130528-00000540-sanspo-base


    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=6779JUi9x0g


    MLBファン反応
    -- 続きを読む --

    スポンサーサイト
    スポンサードリンク

    川崎宗則
    前記事の続き 川崎ムネノリを愛すべき16の理由【MLBファン反応】 その1

    11.ロジャースセンターに彼自身の応援席を持っている
    こんなことがいったい何人のユーティリティ選手にあり得るだろうか?
    kawasakikorner.jpg


    スポンサードリンク

    川崎宗則
    無s題

    トロント・ブルージェイズの遊撃手、川崎宗則。31歳の日本リーグからきた彼は、ホセ・レイエスの代わりとして試合に出場している。しかし通常の場合とは違って、彼は野球の成績よりもむしろ人格面で評価されている。トロントスター紙によれば彼は「私はいつも真剣だ、これがジャパニーズスタイル。サムライの真剣さだよ。」と語っている。
    ここでは、彼が最もエンターテイナーな野球選手である16個の理由を紹介しよう。
    http://extramustard.si.com/2013/05/16/16-reasons-we-love-blue-jays-shortstop-munenori-kawasaki/



    記事・コメント紹介
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。