Powered By 画RSS
    スポンサードリンク

    スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサードリンク

    川崎宗則
    171216.jpg

    ブルージェイズは25日(日本時間26日)、川崎宗則内野手(32)の傘下マイナー、3Aバファローへの降格を発表した。左足首の捻挫で戦列を離れていた正遊撃手レイエスが復帰するため。

    川崎は4月13日にメジャー昇格し、60試合に出場。打率2割2分5厘ながら四球は三振数(23個)を上回る24個で出塁率・337と、小技でチームに貢献した。また、5月26日のオリオールズ戦で逆転サヨナラの2点二塁打を放った際には、たどたどしい英語でヒーローインタビューに答え、一躍人気者に。持ち前の明るい性格でムードメーカーとしてもチームを盛り上げていた。

    ▼川崎の話 最高のチーム、ファンの中で2カ月プレーさせてもらって、感謝の気持ちでいっぱい。自分の実力がまだまだ足りないことも分かった。練習して、実力を上げられるように必死にやりたい。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130626-00000080-spnannex-base




    ・チームメイトの反応


    ギボンズ監督「厳しい決断だ。素晴らしい仕事をしてくれた彼を気の毒に思う。だが彼は戻ってくるだろう」


    エンカーナシオン「川崎は素晴らしい仕事をした!彼はすぐに戻ってくるだろう。また会いたいよ。」


    バーリー「彼がこの2カ月にチームにもたらしたことを考えると、降格はとても寂しい。多くの選手がポケットマネーから彼のサラリーを出してもいいと思っている」


    R・A・ディッキー「彼はファンの間で不思議なヒーローであるように、クラブハウスの中でも不思議なヒーローだった」


    ジョン・ギボンズ監督(51)はレイズ戦後のミーティングで川崎の降格をチームメートに伝えたという。この計らいにバーリーは「こんなことは初めて。普通は次の日に降格した選手のロッカーを見て『あいつは落とされたのか』と察するものだ」とコメントした。


    MLBファン反応
    -- 続きを読む --

    スポンサーサイト
    スポンサードリンク

    ダルビッシュ有
    ejtjtr.jpg

    米大リーグ、ヤンキースのイチローは25日(日本時間26日)、ニューヨークでのレンジャーズ戦に「2番・右翼」で出場し、3―3の9回2死からサヨナラ本塁打となる4号ソロを放ち、5打数2安打1打点だった。4―3で勝ったヤンキースは今季初のサヨナラ勝ち。

    レンジャーズの先発ダルビッシュとヤンキース移籍後初対戦となった第1打席、イチローは3ボール1ストライクから外角低めの速球にうまく合わせて左前へ。しかし、3回の第2打席、5回の第3打席とも中飛に打ち取られ、コッツと対戦した6回の第4打席は空振り三振に倒れた。

    そして9回1死一塁で迎えた第5打席、一塁走者が盗塁に失敗し、2死となったが、イチローは1ボール2ストライクから4球目、内角から真ん中に入るツーシームを完璧にとらえ、右翼席へサヨナラ弾。ヤンキース・黒田、レンジャーズ・ダルビッシュの日本人投手対決が注目された試合で、最後の最後にその存在感の大きさを示した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130626-00000076-spnannex-base



    試合成績:
    黒田 6回2/3、5安打3失点(2本塁打)、6三振1四球
    ダルビッシュ 5回1/3、7安打3失点、6三振2四球


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。