Powered By 画RSS
    スポンサードリンク

    スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサードリンク

    上原浩治
    gethatehes.jpg

    ボストン・レッドソックスの田沢純一、上原浩治両投手が現地7日、敵地でのヒューストン・アストロズ戦に揃ってリリーフ登板。

    田沢は4対5の7回から2番手で登板し、2回を無安打、2三振、無失点。上原は味方が7対5と逆転した9回に3番手として登板し、1回を1安打、3三振、無失点に抑えて11セーブ目を挙げた。田沢には5勝目(3敗)が転がり込んでいる。

    レッドソックスは7対5で勝利。9回にスティーブン・ドルー遊撃手が9号逆転3ランを放った。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130808-00000212-mlbjp-base


    上原11セーブ
    https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=8Jr-R8a7zWo
    -- 続きを読む --

    スポンサーサイト
    スポンサードリンク

    ダルビッシュ有
    h4hw46j64.jpg

    レンジャーズのダルビッシュ有投手(26)が6日(日本時間7日)、敵地でのエンゼルス戦に先発し、7回3失点と粘りの投球を見せ、11勝目(5敗)を挙げた。

    ダルビッシュは一回、2点のリードをもらってマウンドに上がったが、先頭のカルフーン、続くトラウトにメジャー初の2者連続本塁打を浴びた。本来の球威、制球を欠いた立ち上がりを叩かれた。二、三回は0点に抑えたものの、四回は長短打で3点目を失い、勝ち越しを許した。

    だが、打線が3-3に追いついた五回以降は走者を出しながらも要所を締め、7回を3失点で降板した。この粘りが11勝目を呼び込んだ。八回表、レンジャーズは先頭打者・アンドラスの安打を足場に1死三塁のチャンスをつかみ、4番のベルトレが右前へ勝ち越し打。ダルビッシュに勝ち投手の権利を与えた。

    九回には一挙4点をもぎ取り、8-3で3連勝を飾り、ア・リーグ西地区首位のアスレチックスに1ゲーム差に迫った。

    ダルビッシュの投球内容は7回で113球を投げ8安打、3失点、6三振、3四球。防御率は2・72となった。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130807-00000020-ykf-spo


    ダルビッシュハイライト動画

    http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2013_08_06_texmlb_anamlb_1&mode=video&content_id=29490061&tcid=vpp_copy_29490061
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。