Powered By 画RSS
    スポンサードリンク

    スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサードリンク

    上原浩治
    rgwrgw.jpg

    ア・リーグ地区シリーズ第3戦 レッドソックス4―5レイズ(2013年10月7日 セントピーターズバーグ)

    米大リーグ、レッドソックスの上原は7日(日本時間8日)、セントピーターズバーグで行われたレイズとのア・リーグ地区シリーズ第3戦の9回に登板、ロバトンにサヨナラソロ本塁打を浴びて初黒星を喫した。レッドソックスは4―5で敗れ、通算2勝1敗でリーグ優勝決定シリーズ進出はお預けとなった。

    上原は4―4の9回に6番手でマウンドへ。ゾブリストを1球で一ゴロ、ロンゴリアは2球で中飛と、わずか3球で2死としたが、途中出場のロバトンに対し、2球続けたスプリットをうまくすくわれ、バックスクリーン右に運ばれた。

    今季73試合に登板し、防御率1・09、被本塁打はわずか5と、安定した投球を続けて守護神がまさかのサヨナラ被弾。レッドソックスはリーグ優勝決定シリーズ進出を3連勝で決めることはできなかった。上原はレンジャーズ時代の2011年にポストシーズン3試合連続被弾という苦い経験がある。

    田沢は3―3の7回1死一塁から3番手で登板し、2/3回を無安打無失点1奪三振。自らの暴投で一塁走者の二進を許したものの、3番ロンゴリアを三飛、4番マイヤーズを空振り三振に仕留め、無失点で切り抜けた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131008-00000074-spnannex-base
    -- 続きを読む --

    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。