Powered By 画RSS
    スポンサードリンク

    スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサードリンク

    上原浩治
    -- 続きを読む --

    スポンサーサイト
    スポンサードリンク

    上原浩治
    garhbethr.jpg

    米大リーグのア・リーグ優勝決定シリーズは15日(日本時間16日)、デトロイトで第3戦を行い、レッドソックス(東地区)が1―0でタイガース(中地区)を下し、2連勝で対戦成績を2勝1敗とした。レッドソックスの上原は1回1/3を投げて1安打無失点2奪三振と好投、ポストシーズン3セーブ目を挙げた。田沢は1/3回を1安打無失点1奪三振だった。

    上原は1―0の8回2死一、二塁から4番手でマウンドへ。一打同点、逆転もある場面だったが、タイガースの主砲フィルダーを速球2球で簡単に追い込むと、130キロのスプリットで3球三振。続く9回は先頭のマルティネスに左前打を許したものの、ペラルタを遊ゴロ併殺、最後はアビラを空振り三振に仕留めた。

    田沢は8回1死一塁の場面から3番手で登板。ハンターに右前打を許し、一、三塁とピンチを広げたものの、3番・カブレラを空振り三振に仕留め、上原につないだ。

    タイガース・バーランダー、レッドソックス・ラッキーの両先発の投げ合いで6回までは両チームとも無得点。レッドソックスは7回にナポリの左越えソロで1点を先制すると、継投で逃げ切った。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131016-00000075-spnannex-base
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。