Powered By 画RSS
    スポンサードリンク

    スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサードリンク

    MLB

    メジャーリーグ機構(MLB)は現地11日、フロリダ州レイクブエナビスタで行われているウィンターミーティングで規則委員会を開き、本塁付近での走者と捕手による危険なクロスプレーを禁止すると決定した。来年1月に行われるオーナー会議での承認を経て、最終的に選手会と審判団の同意が得られれば、来季から実施に移すとしている。

    この案は、当初オーナー会議において重要な議題にはならなかったというが、捕手出身であるセントルイス・カージナルスのマイク・マシーニー、サンフランシスコ・ジャイアンツのブルース・ボウチー両監督が同案の再考を呼びかけたようだ。規則委員会をまとめるニューヨーク・メッツのサンディ・アルダーソンGMは、2014年シーズンの開始と同時に同案を適用することに自信を持っており、選手の安全を守ることが一番の目的だという。

    新たな規則では、本塁を狙った走者が故意に捕手と衝突したと判断された場合、タッチされる前にホームベースを踏んでいたとしても、アウトとなる可能性があり、退場宣告や罰金といった処分を科す場合もあるという。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131212-00000215-mlbjp-base
    -- 続きを読む --

    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。