Powered By 画RSS
    スポンサードリンク

    スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサードリンク

    MLB


    米国野球殿堂は8日、2014年の殿堂入り選手を発表し、グレグ・マダックス氏、トム・グラビン氏、フランク・トーマス氏の3人が、そろって候補資格を得た1年目で選出された。

    カブスやブレーブスでプレーした右腕のマダックス氏は得票率97.2パーセントで選出。1992年から4年連続のサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)を受賞し、通算355勝227敗の成績を誇る。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140109-00000052-reut-spo



    ■殿堂入り投票されたグレッグ・マダックスに敬意を表して、彼を祝おう。
    -- 続きを読む --

    スポンサーサイト
    スポンサードリンク

    助っ人選手
    entry_img_285.jpg

    現在は日本プロ野球の楽天でプレーする、アンドリュー・ジョーンズ選手の全盛期の守備が話題に。
    MLB時代はブレーブスの10年連続の地区優勝に貢献するなど、スター選手の一人でした。
    特に外野守備での評価は非常に高く、10年連続ゴールドグラブ賞を獲得しました。
    その一方、早すぎる衰えをなげく声も多い選手です。
    MLBを去った昨年もMLBファン掲示板では殿堂入りの可否などのスレッドが話題になっていました。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。