Powered By 画RSS
    スポンサードリンク

    スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサードリンク

    松坂大輔


    ニューヨーク・メッツの松坂大輔投手は現地24日、本拠地で行われたセントルイス・カージナルス戦に4番手として登板。1イニングを無安打、無四球、1三振で無失点に抑え、メジャー8年目にして、初のセーブを記録した。

     松坂は、3点リードの9回からマウンドに上がると、先頭のアレン・クレイグ外野手をライトライナーに打ち取る。続くダニエル・デスカルソ遊撃手には、ファウルなどで粘られフルカウントと苦しむも、最後は空振り三振に。そして、代打のピーター・ボアジャスをキャッチャーへのファウルフライに仕留めて、試合を締めくくった。

     メッツは4対1で勝利。先発のバートロ・コローン投手が7回を4安打、無四球、8三振、1失点の成績で、今季2勝目(3敗)を挙げた。打線では、クリス・ヤング外野手が今季初本塁打となるソロを記録した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140425-00000210-mlbjp-base
    -- 続きを読む --

    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。