Powered By 画RSS
    スポンサードリンク

    スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサードリンク

    黒田博樹
    entry_img_356.jpg

    ニューヨーク・ヤンキースの黒田博樹投手が現地6日、敵地でのロサンゼルス・エンゼルス戦に先発登板。7回2/3を5安打、1死球、8三振、3失点(自責点は1)の内容で勝敗はつかなかった。ヤンキースは4対3で勝利。

     黒田は3回、ヒットと味方のエラーで無死二、三塁のピンチを迎えると、エリク・アイバー遊撃手、マイク・トラウト外野手の犠牲フライで2点を献上。その後は得点を許さなかったが、1点リードの8回2死三塁の場面で降板すると、救援投手が同点とされて今季3勝目(2勝3敗)を逃した。

     ヤンキースは0対2の5回にブライアン・ロバーツ二塁手のタイムリーなどで同点に。そして3対3で迎えた9回2死走者なしからロバーツが決勝の1号ソロを放った。なお、イチロー外野手は9回からライトの守備につき、打席には立っていない。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140507-00000214-mlbjp-base
    -- 続きを読む --

    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。