Powered By 画RSS
    スポンサードリンク

    スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサードリンク

    上原浩治
    entry_img_409.jpg


    ボストン・レッドソックスの上原浩治投手が現地8日、敵地でのデトロイト・タイガース戦に2点リードの9回から2番手として登板。1回を無安打、無四球、無失点に抑え、今季12セーブ目を挙げた。レッドソックスは5対3で勝利。

     レッドソックスは2対2で迎えた7回、先発のジョン・ラッキー投手がタイガースの有望株エイウヘニオ・スアレス遊撃手にタイムリーを浴びて、勝ち越しを許す。しかし、1点ビハインドのまま迎えた9回、ヒットと四球で1死一、二塁のチャンスを作ると、指名打者デービッド・オルティスから14号3ランが飛び出し、土壇場で逆転に成功した。その裏を上原が三者凡退で試合を締めくくり、レッドソックスは連敗を5で止めた。

     ラッキーは8回を7安打、1四球、5三振、3失点(自責点は2)の成績で、今季7勝目(4敗)をマーク。打線はブロック・ホルト外野手が5打数4安打、マイク・ナポリ一塁手が6号ソロを含む4打数3安打を記録した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140609-00000212-mlbjp-base
    -- 続きを読む --

    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。