Powered By 画RSS
    スポンサードリンク

    スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサードリンク

    未分類
    entry_img_411.jpg

    ニューヨーク・メッツの松坂大輔投手が現地10日、地元でのミルウォーキー・ブルワーズ戦に先発登板。6イニングを投げて3安打、4四死球、5三振、1失点の内容で今季3勝目(0敗)をマークした。メッツは6対2で快勝。

     松坂は2点の援護をもらった直後の4回、1死からクリス・デービス外野手に死球を与えると、続くライル・オーバーベイ一塁手に二塁打を浴びて1失点。それでも5回、6回を打者3人ずつで切り抜けて勝利を引き寄せた。

     メッツは0対0の3回にダニエル・マーフィー二塁手の5号2ランで先制。1点リードの6回には、この日松坂とバッテリーを組んだテーラー・ティーガーデン捕手に1号グランドスラムが飛び出してブルワーズを突き放した。
    -- 続きを読む --

    スポンサーサイト
    スポンサードリンク

    上原浩治
    entry_img_410.jpg

    ボストン・レッドソックスの田沢純一、上原浩治両投手が現地10日、敵地で行われたボルティモア・オリオールズ戦にリリーフ登板し、チームの1対0の勝利に貢献している。

     セットアッパーの田沢は1点リードの8回からマウンドへ。前日時点でメジャートップの21本塁打を放っている先頭のネルソン・クルーズ外野手をライトフライに打ち取ると、後続を2者連続三振とし、1イニングを無安打、無四球、2三振、無失点に抑えた。

     守護神の上原は、田沢のあとを受けて9回から登板。先頭にヒットを許すも、続く打者をピッチャーゴロに打ち取り、ニック・マーカーキス外野手、マニー・マチャド三塁手の1、2番コンビから連続三振を奪って試合を締めた。1回を1安打、無四球、2三振、無失点で今季13セーブ目。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。