Powered By 画RSS
    スポンサードリンク

    スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサードリンク

    上原浩治
    entry_img_417.jpg

    ボストン・レッドソックスの上原浩治投手は現地12日、地元で行われたクリーブランド・インディアンス戦に、3点リードの9回から登板。指名打者ニック・スウィシャーを空振り三振に仕留めるなど、1回を三者凡退で無失点に抑えて今季14セーブ目を挙げた。

     また、田沢純一投手は8回2死一塁からリリーフ登板すると、打者1人から空振り三振を奪い、1/3回を無失点に抑えた。レッドソックスは、5対2で勝利。

     レッドソックスは2回、グレーディ・サイズモア外野手のエンタイトル二塁打で1点を先制すると、5回には指名打者デービッド・オルティスの15号2ランで2点を追加。6回に先発ジョン・レスター投手がタイムリーを浴びて2点を返されるも、その裏にブロック・ホルト三塁手の適時二塁打で再びリードを広げた。レスターは、8回途中2失点(自責点は1)で今季7勝目(7敗)をマークしている。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140613-00000211-mlbjp-base
    -- 続きを読む --

    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。