Powered By 画RSS
    スポンサードリンク

    スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサードリンク

    田中将大
    entry_img_436.jpg

    ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は現地3日、敵地でのミネソタ・ツインズ戦に先発し、7回を投げて9安打、無四球、3三振、4失点で降板。メジャー新記録となるデビューから17試合連続クオリティ・スタートはならなかったが、メジャー単独トップとなる12勝目(3敗)を手にしている。

     田中は、初回にクリス・パームリー一塁手に先制打を浴びると、3回には内野ゴロの間に2点目を献上。4回、5回を三者凡退に抑えて立ち直ったかに見えたが、6回に再び内野ゴロの間に失点すると、7回にはエドアルド・エスコバル遊撃手のタイムリーでメジャー自己ワーストの4点目を失った。

     また、イチロー外野手はこの試合に7番ライトで先発出場。3打数2安打、1四球、1得点の内容で、今季13度目のマルチヒットを記録した。

     ヤンキースは7対4で勝利し、連敗を5でストップ。田中が本調子ではない中、指名打者カルロス・ベルトランが逆転の9号3ランを放ち、この日メジャーデビューを果たしたゼローズ・ウィーラー三塁手にも初アーチが飛び出している。
    -- 続きを読む --

    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。