Powered By 画RSS
    スポンサードリンク

    スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサードリンク

    MLBファンの米国人、日本を旅する
    gds.jpg
    MLBファンのあるアメリカ人男性が、2010年にプロ野球観戦目的で日本を旅した際のブログ記事をご紹介します。
    ご本人はニューヨーク・メッツのファンで、スコアボードをつけながら米国中をMLB観戦旅行している方です。
    日本では埼玉、東京、名古屋、兵庫、仙台で観戦されたのですが、長くなってしまうので球場ごとに記事をまとめてご紹介します。

    シリーズ
    ■MLBファンの米国人、日本プロ野球観戦の旅に出る【その1 西武ドーム】
    ■MLBファンの米国人、日本プロ野球観戦の旅に出る【その2 神宮球場】
    ■MLBファンの米国人、日本プロ野球観戦の旅に出る【その3 名古屋ドーム】
    ■MLBファンの米国人、日本プロ野球観戦の旅に出る【その4 京都観光】
    ■MLBファンの米国人、日本プロ野球観戦の旅に出る【その5 京セラドーム大阪】
    ■MLBファンの米国人、日本プロ野球観戦の旅に出る【その6 甲子園球場】
    ■MLBファンの米国人、日本プロ野球観戦の旅に出る【その7 東京ドーム】
    ■MLBファンの米国人、日本プロ野球観戦の旅に出る【その8 Kスタ宮城】
    ■MLBファンの米国人、日本の読者に感謝する【海外ブログ記事紹介】
    ■MLBファンの米国人、MLB観戦の旅に出る【フェンウェイパーク ボストン】
    ■MLBファンの米国人、日本プロ野球観戦の旅に出る【QVCマリンフィールド・9】
    ■MLBファンの米国人、日本プロ野球観戦の旅に出る【明治神宮球場再訪・10】
    ■MLBファンの米国人、日本プロ野球観戦の旅に出る【福岡ヤフードー​​ム・11】
    ■MLBファンの米国人、京都を旅する【京都寺院めぐり・12】
    ■MLBファンの米国人、日本プロ野球観戦の旅に出る【横浜スタジアム・13】
    ■MLBファンの米国人、日本プロ野球観戦の旅に出る【札幌ドーム・14】
    ■MLBファンの米国人、日本プロ野球観戦の旅に出る【原爆ドーム、広島・15】


    以下記事翻訳まとめ


    2010年 6月25日 日本 所沢
    ■西武ドーム

    西武ドームは私が日本で初めて訪れた球場だ。
    まず驚いたのが、相手チームのファン向けのグッズ売店があったことだ。
    gthts.jpg
    アメリカでは前代未聞だ。日本では全てのゲームで相手チーム側の応援団も多く、これは理にかなっているのだろう。選手にちなんだ弁当や食品が選手の笑顔のプリントされた箱に入れられて販売されている。

    スポンサード リンク


    アメリカと同じように日本でも試合前にはチアリーダーやマスコットによるショーが行われるのだが、興味深いことに日本ではチアリーダーが設営のお手伝いをしていた。
    fafa.jpg


    このスタジアム自体も非常にユニークで、ドームなのだが密封されておらず、まるで傘のような構造になっている。
    jdjd.jpg
    雨は防ぎ、新鮮な空気を取り入れるためだろう。


    殆どの日本の球場でそうだったのだが、日本では自分の観戦エリア以外の出入りは厳しく規制されていた。アメリカでは試合が始まるまで好きな観客席で練習を観戦できるのだが、日本ではそれはできなかった。


    西武ドームではセンター側から入場し、ホームチームとビジターチームに左右分かれることになる。
    通路ではお土産や食べ物を販売していた。どうやらケンタッキーが日本への親善大使のようだ。
    ahtht.jpg


    私の球場での最初の食事、ライオンズカフェでの照り焼きチキンとフライドポテト。
    agf.jpg


    私の席はホームプレートの右後ろ、キャッチャーのすぐ近く。
    das_20130602043047.jpg
    日本の球場では防護ネットがホームプレートの真後ろだけでなく、それを囲むように設置されている。ネット無しで見たい場合は上段の席に座る必要があるだろう。また観客はファールボールに無頓着で、対策は大きな笛を鳴らすだけであり危険だと感じた。


    センターには巨大なスコアボードがある。MLBとは違って成績の詳細が表示される補助スコアボードは無かった。そしてもちろんその全てが漢字であった。
    jdytdjy.jpg


    噂に聞いていたとおり、ビール売りの少女は実在していた。
    gagaga.jpg
    彼女は階段に膝をついて冷たいビールを注いでくれた。


    日本のファンは男女半々くらいで、試合中はみんな試合を集中して見ていた。携帯をいじり電話をしたり、買い物をしに席を立つアメリカとは全く異なる光景だ。応援セクションのファンは自チームの攻撃時間に絶えず歌を歌っていた。おそらく打者ごとに対応した応援歌が存在している。

    応援セクションはアメリカの大声を出すだけのいい加減なグループと違って、ドラムやトランペット、旗手などの組織化されたチームである。彼らの印象的なリズムに合わせてファンは立ち座りをし、その声援は驚異的な轟音を鳴り響かせていた。


    彼らは太ったアメリカ人では無いので、7回にストレッチタイムは無い。代わりにチームの戦いの歌を歌うお祭りがある。またボールのプレゼントなどもあった。
    そして七回のお祭りの集大成として、彼らはコン○ームのような風船をふくらませ始めた。私は何が起こるのかと流れに身を任せて待っていた。
    ljiol.jpg
    カウントダウンの後に風船が離されると、突然風船が大声で叫びだした(おそらく風船に笛が仕込まれている)。
    swaa.jpg
    このお楽しみは皆がお気に入りのようで、どの球場でも行われていた。


    試合前には国歌演奏があるのだが、これが有るチームと無いチームがあった。パシフィック・リーグの試合だけ演奏しているようにも思えたが、理由は謎のままだ。


    試合で注目すべきは、3回の先頭打者が出て次のバッターが教科書どおりのバントをした際ファンが落胆していたことだ。ここはナショナルズの本拠地では無いのに。(ちなみにこの試合はDH制を持つ”より進歩的な”パシフィック・リーグであった)

    試合の方はワクイが九回を投げ、ライオンズがバファローズに勝利した。ホームランを打った選手が、なぜか大きな人形を観客席に投げ入れていたのが印象的だった。


    試合後インタビューのための設備を素早くグラウンドに設置する姿に、日本の技術革新を見る。
    ed.jpg
    そこでMVPプレーヤーがインタビューをされ、ファンの多くはそれが終わるまで滞在していた。

    hdhd.jpg

    http://www.flickr.com/photos/40375323@N06/sets/72157624522440850/
    http://baseballoogie.blogspot.jp/2010/06/tokorozawa.html

    シリーズ
    ■MLBファンの米国人、日本プロ野球観戦の旅に出る【その1 西武ドーム】
    ■MLBファンの米国人、日本プロ野球観戦の旅に出る【その2 神宮球場】
    ■MLBファンの米国人、日本プロ野球観戦の旅に出る【その3 名古屋ドーム】
    ■MLBファンの米国人、日本プロ野球観戦の旅に出る【その4 京都観光】
    ■MLBファンの米国人、日本プロ野球観戦の旅に出る【その5 京セラドーム大阪】
    ■MLBファンの米国人、日本プロ野球観戦の旅に出る【その6 甲子園球場】
    ■MLBファンの米国人、日本プロ野球観戦の旅に出る【その7 東京ドーム】
    ■MLBファンの米国人、日本プロ野球観戦の旅に出る【その8 Kスタ宮城】
    ■MLBファンの米国人、日本の読者に感謝する【海外ブログ記事紹介】
    ■MLBファンの米国人、MLB観戦の旅に出る【フェンウェイパーク ボストン】
    ■MLBファンの米国人、日本プロ野球観戦の旅に出る【QVCマリンフィールド・9】
    ■MLBファンの米国人、日本プロ野球観戦の旅に出る【明治神宮球場再訪・10】
    ■MLBファンの米国人、日本プロ野球観戦の旅に出る【福岡ヤフードー​​ム・11】
    ■MLBファンの米国人、京都を旅する【京都寺院めぐり・12】
    ■MLBファンの米国人、日本プロ野球観戦の旅に出る【横浜スタジアム・13】
    ■MLBファンの米国人、日本プロ野球観戦の旅に出る【札幌ドーム・14】
    ■MLBファンの米国人、日本プロ野球観戦の旅に出る【原爆ドーム、広島・15】

    追記:コメント欄にて「個人ブログを転載することはどうなのか?」というご指摘を頂きました。私もそのように考えており、記事全訳ではなくあくまで内容をまとめてこの方のブログを紹介という形をとっています。特に写真に関してはここに載せてられていない写真も沢山あるので、よろしければ上記URLから訪問していただけたらと思います。
     スポンサードリンク

    関連記事

    人気ブログランキングへ
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村
    非公開

    TrackBackURL
    →http://baseballcontinent.blog.fc2.com/tb.php/40-8bfaac9e
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。